コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤美姫 あんどうみきMiki Ando

知恵蔵miniの解説

安藤美姫

フィギュアスケート選手。1987年12月18日、愛知県生まれ。身長162センチ。愛称は「ミキティ」。2001年・03年の世界ジュニアGPファイナル、04年の世界ジュニア選手権で優勝。02年の世界ジュニアGPファイナルでは、女子のISU公式大会では史上初の4回転ジャンプに成功した。06年のトリノオリンピックでは15位に終わるも、同年スケートアメリカでGPシリーズ初優勝を飾り、07年の世界選手権で日本人4人目の世界女王となった。10年のバンクーバーオリンピックでは5位入賞に留まったが、11年には2度目の世界選手権優勝を達成。13年、中京大中京高校卒業後の06年より所属していたトヨタ自動車を退職。13年7月、テレビ番組でのインタビューで同年4月に出産していたこと、13-14年シーズンを最後に現役引退することを公表した。

(2013-7-4)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤美姫 あんどう-みき

1987- 平成時代のフィギュアスケート選手。
昭和62年12月18日生まれ。8歳からスケートをはじめ,全日本ジュニア選手権連覇後の平成14年世界ジュニアGPファイナルで女子の国際スケート連盟(ISU)公式大会では史上初の4回転サルコウを成功させた。15年世界ジュニアGPファイナル優勝。16年世界ジュニア選手権優勝。18年のトリノ冬季五輪では15位。同年中京大学附属高から中京大にすすむ。19年世界選手権東京大会で日本人歴代4人目の金メダルを獲得した。22年バンクーバー冬季五輪で5位入賞。23年四大陸選手権で優勝。25年女児を出産。同年現役引退を表明。愛知県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安藤美姫
あんどうみき
(1987― )

フィギュアスケート選手。12月18日生まれ。愛知県名古屋市出身。8歳でフィギュアスケートを始める。1999年(平成11)、全日本ノービス選手権Aクラスで初優勝。2001年の全日本ジュニア選手権およびジュニアグランプリファイナルで優勝し、特例でシニアの全日本選手権と世界ジュニア選手権に出場。いずれも3位に入賞する。2002年のジュニアグランプリファイナルでは3位に終わるが、女子として初の4回転サルコウジャンプを成功させる。2003年の全日本ジュニア選手権では二度目の4回転ジャンプに成功し、3連覇を達成。全日本選手権でも三度目の4回転ジャンプを成功させ、荒川静香(しずか)や村主章枝(すぐりふみえ)らを抑えて初優勝を飾った。
 2004年からはシニアに移り、初参戦のグランプリシリーズでファイナルに進出して4位、全日本選手権では2連覇を達成する。2005年のグランプリシリーズおよび全日本選手権で優勝はなかったものの、グランプリシリーズにおける代表選考ポイントではトップを維持。2006年のオリンピック・トリノ大会代表に選出されたが、総合で15位という結果に終わった。しかし、同年のグランプリシリーズ第1戦、スケートアメリカでグランプリ初優勝、翌2007年の世界選手権でも優勝し、復活を果たす。2007年から08年のシーズンではけがに苦しみながらも、グランプリシリーズのスケートアメリカで2位、NHK杯で4位、全日本選手権で2位、四大陸選手権で3位と健闘している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安藤美姫の関連キーワードキャロル ヘイス・ジェンキンスタチアナ タラソワニコライ モロゾフキミー マイズナーキム ヨナ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安藤美姫の関連情報