コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達喜幸 あだち よしゆき

2件 の用語解説(安達喜幸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達喜幸 あだち-よしゆき

1827-1884 明治時代の建築家。
文政10年11月生まれ。大工棟梁(とうりょう)職の家に生まれ,明治7年開拓使首席建築家となる。お雇い外国人からまなんだ技術をとりいれ,豊平館,札幌農学校演武場(時計台)などの洋風建築を設計した。明治17年1月17日死去。58歳。江戸出身。本姓は安槌。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安達喜幸

没年:明治17.1.10(1884)
生年:文政10(1827)
明治期の開拓使で洋風建築を推進した建築技術者。江戸芝田町の大工棟梁の出で,明治4(1871)年工部省に入り,すぐ開拓使御用係となって,翌年春までに札幌に赴任,6年に竣工する開拓使本庁舎以下一連の洋風建築の建設に当たった。正規の判任官ではないが,その待遇からみて開拓使営繕課設計チームを主導する地位にあったと推定される。開拓使後半期の札幌農学校家畜房(1877),同演武場(1878),豊平館(1880)などが現存し,安達の代表作とされている。明治初期の洋風建築のなかでは堅実なデザインと建築技術の把握で高い水準を示している。

(越野武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安達喜幸の関連キーワード開拓使迎賓館村松貞次郎大岡助右衛門河合浩蔵小宮山弥太郎高橋兼吉鉄川与助林忠恕堀江佐吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone