コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊平館 ホウヘイカン

デジタル大辞泉の解説

ほうへい‐かん〔‐クワン〕【豊平館】

北海道札幌市の中島公園内にある、木造洋風建築物。明治13年(1880)に貴賓用ホテルとして建築。現在は結婚式場として利用されている。重要文化財

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

豊平館

北海道札幌市中央区の中島公園内にある歴史的建造物。1880年、開拓使により建築された西洋式ホテルで、当時は大通に面する位置にあった。明治天皇など、内外賓客が利用。第二次世界大戦中は日本軍、戦後米軍に接収される。1958年、中島公園内に移築・保存され、結婚式場などとして利用された後、1964年、国の重要文化財に指定。また、2007年には経済産業省により「豊平館関連遺産」として近代化産業遺産に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

豊平館の関連キーワード北海道札幌市中央区北海道札幌市大岡助右衛門札幌(市)北海道遺産安達喜幸

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊平館の関連情報