コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達安子 あだち やすこ

2件 の用語解説(安達安子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達安子 あだち-やすこ

1835-1913 明治時代の教育者。
天保(てんぽう)6年10月12日生まれ。安達幸之助の妻。加賀金沢藩士の娘。明治5年に石川県令の命で金沢に女学校を創立。25年女子高等師範(現お茶の水女子大)教授となる。のち京都市教育会婦人部長,慈愛女学校校長。大正2年7月28日死去。79歳。旧姓は山内。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安達安子

没年:大正2.7.28(1913)
生年:天保6.10.12(1835.12.1)
明治期の教育者。加賀(金沢)藩士山内信一の長女。母は石川氏。同藩の安達幸之助(大村益次郎鳩居堂塾頭,大村と共に徴兵制に反対する刺客に襲われ死去)と結婚。明治5(1872)年石川県令の内命により金沢女学校を創立。9年京都府女学校権舎長。14年より東京女子師範(お茶の水女子大)の舎監,教諭として女子教育に従事。退官後,京都で東亜仏教婦人会を起こし,貧民子女のために京都に慈愛手芸女学校を創立。<参考文献>桜蔭会発行『安達安子先生』

(高橋阿津美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安達安子の関連キーワード山内信一井深梶之助教育者赤井米吉小川直子尾原惣八関口開長谷川準也山内佐太郎依田豊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone