コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達安子 あだち やすこ

2件 の用語解説(安達安子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達安子 あだち-やすこ

1835-1913 明治時代の教育者。
天保(てんぽう)6年10月12日生まれ。安達幸之助の妻。加賀金沢藩士の娘。明治5年に石川県令の命で金沢に女学校を創立。25年女子高等師範(現お茶の水女子大)教授となる。のち京都市教育会婦人部長,慈愛女学校校長。大正2年7月28日死去。79歳。旧姓は山内。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安達安子

没年:大正2.7.28(1913)
生年:天保6.10.12(1835.12.1)
明治期の教育者。加賀(金沢)藩士山内信一の長女。母は石川氏。同藩の安達幸之助(大村益次郎鳩居堂塾頭,大村と共に徴兵制に反対する刺客に襲われ死去)と結婚。明治5(1872)年石川県令の内命により金沢女学校を創立。9年京都府女学校権舎長。14年より東京女子師範(お茶の水女子大)の舎監,教諭として女子教育に従事。退官後,京都で東亜仏教婦人会を起こし,貧民子女のために京都に慈愛手芸女学校を創立。<参考文献>桜蔭会発行『安達安子先生』

(高橋阿津美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

安達安子の関連キーワード歴史小説デトリングバルカン戦争光の科学史フランツ田能村竹田ドゥーフ斑糲岩グツコーフランツ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone