コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達式 アダチシキ

デジタル大辞泉の解説

あだち‐しき【達式】

生け花の流派の一。大正初期、安達潮花が池坊から独立して始めた。装飾的な盛り花、投げ入れが特徴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あだちしき【安達式】

生け花の流派。池坊門下の安達潮花により1917年(大正6)に創流。デザインとしての生け花を追求し、多くの花型が定められている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の安達式の言及

【池坊】より

…池坊もしばらく沈滞していたが,古い伝統をもつため他流より早く復活し,明治のいけばな界に再び支配的地位を保つようになった。しかし池坊から離れて自由な創造をめざすものも多くなり,吉村華芸(かうん)の池坊竜生派,小原雲心の小原流などが成立,大正期にはいると安達潮花の安達式など斬新な作風の作家たちが独立し,創流をするようになった。第2次大戦後の池坊は近代の盛花や投入だけでなく,現代いけばなの研究にも力をそそぎ海外への進出もはかるようになった。…

※「安達式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安達式の関連キーワード安達 潮花(1代目)安達 曈子下田 天映安達曈子生け花

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android