コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋会要輯稿 そうかいようしゅうこう Sòng huì yào jí gǎo

1件 の用語解説(宋会要輯稿の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうかいようしゅうこう【宋会要輯稿 Sòng huì yào jí gǎo】

中国,宋代の諸制度に関する詔勅,条例などを分類,集成した書物。清の徐松(1781‐1848)の編。《宋会要》とも簡称する。宋代の会要は,1044年(慶暦4)の《慶暦国朝会要》150巻から,1236年(端平3)の《嘉定国朝会要》588巻まで,南北両宋の時代に応じて編纂され,10種類の多きに達する。これらは宮中の会要所で第一級の原資料を使って編纂,秘蔵され,特定の官員や史官しか閲覧できず,むろん刻本にされぬまま失われていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の宋会要輯稿の言及

【永楽大典】より

… 《永楽大典》からの佚書の復元はそれにとどまらず,清代,宮城に出入りできた人たちによっても非公式に行われた。徐松の《宋会要輯稿》はじめその数は150部に達する。《永楽大典》は本来の類書としての役割よりも,とくに宋・元時代の書物を今日に伝える上で貴重な存在であったといえる。…

【会要】より

…それらは板木に彫られることなく後に散逸したが,明代の《永楽大典》中にかなり多く採録されていた。 19世紀のはじめ《全唐文》を編纂した徐松(1781‐1848)はその副産物として《永楽大典》の中の宋代の会要をすべてぬき出して《宋会要輯稿》を作り,1936年これが北京図書館から200冊の影印本として出版された。この徐松輯本《宋会要》は,それ以後の宋代制度,経済史研究の飛躍的進展に大きな役割を果たしている。…

※「宋会要輯稿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宋会要輯稿の関連キーワード軍制詔勅副署法制公益通報者保護制度宗制議員提案による政策条例政策条例議員提案の条例中国・宋代の禅の公案集

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone