コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐松 じょしょうXu Song; Hsü Sung

1件 の用語解説(徐松の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐松
じょしょう
Xu Song; Hsü Sung

[生]乾隆46(1781)
[没]道光28(1848)
中国,清中期の学者。順天府大興県の人。字は星伯。嘉慶 10 (1805) 年の進士。湖南学政のとき罪に坐し,新疆のイリ (伊犂) に流刑となる。このとき実地踏査に基づき,西域研究に欠かせない名著『西域水道記』 (5巻) をはじめ,『漢書西域伝補注』 (2巻) ,『新疆賦 (西域賦) 』 (1巻) のいわゆる西域三種 (徐星伯三種) を著わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の徐松の言及

【会要】より

…それらは板木に彫られることなく後に散逸したが,明代の《永楽大典》中にかなり多く採録されていた。 19世紀のはじめ《全唐文》を編纂した徐松(1781‐1848)はその副産物として《永楽大典》の中の宋代の会要をすべてぬき出して《宋会要輯稿》を作り,1936年これが北京図書館から200冊の影印本として出版された。この徐松輯本《宋会要》は,それ以後の宋代制度,経済史研究の飛躍的進展に大きな役割を果たしている。…

【宋会要輯稿】より

…中国,宋代の諸制度に関する詔勅,条例などを分類,集成した書物。清の徐松(1781‐1848)の編。《宋会要》とも簡称する。…

【敦煌莫高窟】より

…1900年(光緒26)道士王円籙によって,一小窟(現在の第17窟)から4~5万点にのぼる古写本等の古文書や画巻が発見され,世界的に敦煌学が起こるきっかけとなった。莫高窟は1737年(乾隆2)常鈞が《敦煌雑抄》で紹介しているが,その学術研究は1823年(道光3)徐松が《西域水道記》に碑文と銘を記録し,莫高窟の草創を考証したのが始まりである。1907年以来イギリスのM.A.スタインは数回にわたり経巻・古写本約7000点,画巻500点余,刺繡150点余を持ち去った。…

※「徐松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

徐松の関連キーワード藩学一覧鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園朋誠堂喜三二瀬川菊之丞ちっとそうもござるまい長松小僧天明田沼時代

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徐松の関連情報