コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍粟市歴史資料館 しそうしれきししりょうかん

1件 の用語解説(宍粟市歴史資料館の意味・用語解説を検索)

日本の美術館・博物館INDEXの解説

しそうしれきししりょうかん 【宍粟市歴史資料館】

兵庫県宍粟市にある資料館。平成12年(2000)創立。地域の考古・歴史資料を収集・保存し展示する。市内の古墳・遺跡から出土あるいは発掘された遺物や資料を展示。また屋外に各時代の建物12棟を復元展示した「古代の村」を併設。家原(えばら)遺跡公園内にある。
URL:http://www.geocities.jp/ebara8855/
住所:〒671-4113 兵庫県宍粟市一宮町三方町633
電話:0790-74-8855

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宍粟市歴史資料館の関連キーワード兵庫県宍粟市一宮町三方町兵庫県宍粟市揖保町今市兵庫県宍粟市千種町室兵庫県宍粟市波賀町上野兵庫県宍粟市波賀町谷兵庫県宍粟市波賀町原兵庫県宍粟市波賀町安賀兵庫県宍粟市山崎町鹿沢兵庫県宍粟市山崎町中兵庫県宍粟市山崎町野

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone