コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗湛 そうたん

6件 の用語解説(宗湛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗湛
そうたん

[生]応永20(1413)
[没]文明13(1481).3.9.
室町時代の画家。姓は小栗。庵号は自牧。周文を継いで室町幕府御用絵師となった (1463頃) 。画域は扇面,掛幅から襖絵まで幅広く,また有馬温泉逗留中に風景を写生したことも知られる。確かな遺品は伝わらないが,子の宗継が制作した大徳寺養徳院伝来の『芦雁図』襖絵 (京都国立博物館) には,宗湛の描いた部分も残る可能性がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうたん【宗湛】

小栗宗湛(おぐりそうたん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宗湛【そうたん】

小栗宗湛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗湛 そうたん

小栗宗湛(おぐり-そうたん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

そうたん【宗湛】

小栗おぐり宗湛

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗湛
そうたん
(1413―1481)

室町後期の画家。俗姓は小栗(おぐり)。宗湛は出家してのちの法名で、自牧と号した。大徳寺の養叟宗頤(ようそうそうい)に参禅、さらに相国寺(しょうこくじ)の益之集箴(えきししゅうしん)のもとへも参じた。1462年(寛正3)相国寺松泉(しょうせん)軒に『瀟湘(しょうしょう)八景図』襖(ふすま)絵をかき、将軍足利義政(あしかがよしまさ)の称賛を受け、以後、高倉御所、雲沢軒、石山寺(いしやまでら)などの襖絵を制作。翌63年には幕府の御用画師(えし)となり、将軍の命があったときはいずこにも描くこと、その俸禄(ほうろく)は周文と同額の月俸と定められた。宗湛は周文の後継者としてよくその任を全うしたが、遺作に乏しく、未完成のまま亡くなったため子の宗継(そうけい)が描き継いだとされる大徳寺養徳院旧蔵の襖絵『芦雁(ろがん)図』(京都国立博物館)をその代表作にあげるにすぎない。[榊原 悟]
『松下隆章著『日本美術絵画全集2 如拙/周文』(1981・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗湛の関連キーワードクレタ文明没・歿勃・歿・没持円末次(2)増珍武田信春道阿弥(1)長尾景信隆阿

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗湛の関連情報