コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗湛 そうたん

6件 の用語解説(宗湛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗湛
そうたん

[生]応永20(1413)
[没]文明13(1481).3.9.
室町時代の画家。姓は小栗。庵号は自牧。周文を継いで室町幕府御用絵師となった (1463頃) 。画域は扇面,掛幅から襖絵まで幅広く,また有馬温泉逗留中に風景を写生したことも知られる。確かな遺品は伝わらないが,子の宗継が制作した大徳寺養徳院伝来の『芦雁図』襖絵 (京都国立博物館) には,宗湛の描いた部分も残る可能性がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

宗湛【そうたん】

小栗宗湛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

そうたん【宗湛】

小栗おぐり宗湛

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗湛
そうたん
(1413―1481)

室町後期の画家。俗姓は小栗(おぐり)。宗湛は出家してのちの法名で、自牧と号した。大徳寺の養叟宗頤(ようそうそうい)に参禅、さらに相国寺(しょうこくじ)の益之集箴(えきししゅうしん)のもとへも参じた。1462年(寛正3)相国寺松泉(しょうせん)軒に『瀟湘(しょうしょう)八景図』襖(ふすま)絵をかき、将軍足利義政(あしかがよしまさ)の称賛を受け、以後、高倉御所、雲沢軒、石山寺(いしやまでら)などの襖絵を制作。翌63年には幕府の御用画師(えし)となり、将軍の命があったときはいずこにも描くこと、その俸禄(ほうろく)は周文と同額の月俸と定められた。宗湛は周文の後継者としてよくその任を全うしたが、遺作に乏しく、未完成のまま亡くなったため子の宗継(そうけい)が描き継いだとされる大徳寺養徳院旧蔵の襖絵『芦雁(ろがん)図』(京都国立博物館)をその代表作にあげるにすぎない。[榊原 悟]
『松下隆章著『日本美術絵画全集2 如拙/周文』(1981・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宗湛の関連キーワードヘンリー[4世]ヘンリーランカスター朝小栗宗湛ツグルク朝足利持氏玉【えん】梵芳水圏デリー・サルタナットヘンリー[4世]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗湛の関連情報