コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗般 そうはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗般 そうはん

?-? 室町時代の連歌師。
加賀(石川県)の人。宗祇(そうぎ)の門人。文明14年(1482)の「何人百韻」や長享元年(1487)の「葉守千句」などの会に出席。連歌の式目について宗祇にたずね,答えを「連秘抄(れんぴしょう)」にしるした。「新撰菟玖波(つくば)集」に12句がのっている。明応4年(1495)までは生存。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宗般の関連キーワード山本 玄峰神月徹宗山本玄峰室町時代連歌師走湯山松雲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android