コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗重尚 そう しげひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗重尚 そう-しげひさ

?-? 鎌倉時代の武将。
家譜」によれば宗知宗(ともむね)の子で,助国の兄とされる。寛元4年(1246)大宰府の命にしたがわない対馬(つしま)(長崎県)の阿比留(あびる)国信を討つ。その功により対馬の地頭代に任じられたという。近年の研究では重尚は知宗と同様に実在を疑問視されている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宗重尚の言及

【対馬島】より

…13世紀後半からこれにかわって宗氏が台頭した。対馬と宗氏の関係について,1245年(寛元3)大宰府に従わない阿比留氏を宗重尚が追討し,ついで地頭代となったとする説が流布していたが,現在では後世の説話とされている。しかし74年(文永11)宗資国がモンゴル襲来のため対馬で戦死したこと,彼が対馬国地頭代だったことには明証がある。…

※「宗重尚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宗重尚の関連キーワード飯田神左衛門尉鎌倉時代豆酘崎宗助国宗氏

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android