官の文殿(読み)かんのふどの

  • かん
  • の 文殿(ふどの)

精選版 日本国語大辞典の解説

太政官の文書記録を収めておく書庫。弁官の史が管轄し、先例、故実などを朝廷に上申する任にあたった。
※西宮記(969頃)一三「官文殿別当史 以大夫史別当一大臣左大弁宣之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android