コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

故実(読み)こじつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

故実
こじつ

儀式,典礼,行事,法制,服飾,軍陣などの規定,古例,習慣で,最も模範的な例証をいう。普通,有職 (ゆうそく) 故実と呼びならわされているが,有職とは公家故実を,故実とは武家故実をさす場合が多い。平安時代中期以降,宮廷中心の年中行事が盛んになると,その作法や先例などが重んじられ,九条 (藤原師輔) ,小野宮 (藤原実頼) ,西宮 (源高明) の三大源流が生れ,『西宮記』『北山抄』などの公家故実書が著わされた。このような傾向は武家にも及び,室町時代には伊勢,小笠原の両氏が武家の故実を司り,江戸時代には吉良,畠山などの5家が高家として,武家故実の伝承にあたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐じつ【故実】

《古くは「こしつ」とも》昔の儀式・法制・作法などの決まりや習わし。先例となる事例。「有職(ゆうそく)故実

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こじつ【故実】

〔古くは「こしつ」とも〕
儀式・法制・作法・服飾などの古い規定や習慣。後世、特に武家社会の先規・先例のみをさすことがある。 → 有職ゆうそく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の故実の言及

【有職故実】より

…平安時代以後,朝廷の儀式典礼を行う場合,そのよりどころとなる歴史的事実を故実といい,この故実に通じていることを有職といった。有職は〈ゆうそこ〉ともいい,古くは有識と書いた。…

※「故実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

故実の関連情報