書庫(読み)ショコ

世界大百科事典 第2版の解説

しょこ【書庫】

書物を保存格納しておく倉。〈文庫〉ともいい,古くは〈文殿〉〈経蔵〉などとも称した。これに相当するラテン語,英語bibliotheca,ドイツ語Bibliothek,フランス語bibliothèqueなどはいずれもギリシア語bibliothēkēにもとづく。この語はbiblion(本)とthēkē(置場)の合成によるもので,西欧語でも元来は,書物の置場すなわち〈書庫〉のが強かったが,最近では,書物の保管に閲覧の意を兼ねた〈図書館〉の意に用いられるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書庫
しょこ

図書を保管するために用意され設備された部屋または建物。日本においては寺院に建てられた経蔵等が、古い例であろう。周囲の壁全面に経巻等を納めた箱を収納するための棚を設けたり、心棒をもつ回転式の収納棚である輪蔵(りんぞう)をつくる場合があった。また、江戸時代の内裏につくられた文庫のように、防火のためにおもな建物から離れた庭の一隅に建て、さらに土蔵造とした例も多い。ヨーロッパの建築では、ルネサンスからバロック期の傑作としてその前室(ミケランジェロ設計)が著名なフィレンツェのロレンツォ図書館や、ロココ様式でつくられているドイツのシュッセンリート修道院図書館(ツィンマーマン設計)をはじめ、近代初期の鋳鉄を使ったパリのサント・ジュヌビエーブ図書館などの例がよく知られている。図書館の書庫には、閲覧者が自由に本を選ぶことのできる開架式書庫と一般の閲覧者を入れない閉架式書庫がある。開架式は、ヨーロッパなどの例では出納等を扱う係員の席から閲覧者の動きが一望できるように、書架を係員の席を中心に放射状に配置しているところが多いが、この方式は日本では通常用いられていない。閉架式の場合は収蔵量を増すために可動書架にする場合もある。[平井 聖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

書庫

図書館資料を収蔵する部屋や場所.図書館の中にある場合と,書庫が独立した建物となっている場合がある.一般には資料の保存や管理を重視して職員や特定の利用者のみを書庫に入れるが,一般の利用者に開放している図書館もある.設計にあたっては,資料の収容力を高める工夫とともに,出納業務を考慮した使いやすさへの配慮も必要である.また,資料を良好な状態で長期間保存するために,防火,防虫害,温度,湿度,直射日光ほこりなどの室内環境にも注意が必要である.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐こ【書庫】

〘名〙 書物を収めておく建物や室。書物ぐら。
輿地誌略(1826)一「此に学館・書庫・鏤刻工場・貨幣座・薬局・大互市館に肆店六千区・諸貨を陳列し」 〔白居易‐池上篇序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書庫の関連情報