定常宇宙の仮説(読み)ていじょううちゅうのかせつ(英語表記)steady-state hypothesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定常宇宙の仮説
ていじょううちゅうのかせつ
steady-state hypothesis

宇宙の進化を論じる膨張宇宙論に対して,ヘルマン・ボンディ,トーマス・ゴールド,フレッド・ホイルらが 1948年に唱えた,宇宙は常に定常状態にあるという説。それによると,宇宙の膨張によって希薄になった部分を補充するだけの物質が水素原子のかたちで全宇宙にわたり創造され,銀河間の距離が 2倍に開いたときには,その間に平均して 1個の新しい銀河が誕生するという。しかし,1965年にアーノ・ペンジアスとロバート・ウィルソンによって,ビッグバンの名残りである宇宙背景放射が発見され,この説は否定された。(→宇宙の膨張

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報