宇宙の膨張(読み)うちゅうのぼうちょう(英語表記)expansion of the universe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1929年,エドウィン・パウエル・ハッブルは 24個の星雲の距離と後退速度(赤方偏移)の間に比例関係があることを発見した(→ハッブルの法則)。これが遠方の銀河まで適用されるに及んで,銀河は全体として互いに遠ざかりつつあり,宇宙全体が膨張していることが明らかとなった。アルバート・アインシュタインの一般相対性理論によれば,静的で定常な宇宙は存在せず,膨張あるいは収縮している。観測は宇宙が膨張していることを示し,その宇宙初期は高温高圧の火の玉であったことがジョージ・ガモフらによって予言された。その名残りは宇宙背景放射として 1960年代に検出され,ビッグバン膨張宇宙論が確立した。(→ビッグバン説

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇宙の膨張の関連情報