コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期借家契約 テイキシャクヤケイヤク

デジタル大辞泉の解説

ていき‐しゃくやけいやく【定期借家契約】

契約で定めた賃貸期間が終了すると借家契約も終了し、借家人は退去しなければならないとする契約。原則として契約の更新はできず、再契約には貸し主・借家人双方の合意が必要。居住用建物だけでなく、営業用建物にも適用される。平成12年(2000)より導入。借地借家法第38条に基づく。→定期借地契約定期借家制度

ていき‐しゃっかけいやく〔‐シヤクカケイヤク〕【定期借家契約】

ていきしゃくやけいやく(定期借家契約)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

定期借家契約の関連キーワードリロケーションシステムマイホーム借上げ制度けい家賃

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定期借家契約の関連情報