コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定豪 じょうごう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定豪 じょうごう

1152-1238 平安後期-鎌倉時代の僧。
仁平(にんびょう)2年生まれ。民部少輔源延俊の子。真言宗。大和(奈良県)忍辱山(にんにくせん)円成寺で兼豪から灌頂(かんじょう)をうけ,承久(じょうきゅう)2年鶴岡八幡宮寺社務となる。熊野三山検校(けんぎょう),高野山伝法院座主(ざす),東大寺別当などをつとめ,嘉禎(かてい)元年大僧正にすすみ,翌年東寺長者となった。嘉禎4年9月24日死去。87歳。法名は定毫とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

定豪の関連キーワード鎌倉時代定憲良基

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android