注好選(読み)ちゅうこうせん

百科事典マイペディア「注好選」の解説

注好選【ちゅうこうせん】

童蒙教訓的な説話集。3巻。1152年以前の成立作者不詳。上巻に中国の説話,中巻にインド仏教説話,下巻には主に動物を素材とする説話を収める。《今昔物語集》の〈震旦部〉との共通説話が多いことが注目され,《私聚百因縁集(しじゅひゃくいんねんしゅう)》の出典にもなっている。東寺観智院本の他に,別系統の本文を持つ金剛寺本がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android