コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝源局 ほうげんきょくBao-yuan-ju; Pao-yüan-chü

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝源局
ほうげんきょく
Bao-yuan-ju; Pao-yüan-chü

中国,明・清代の中央政府の銅銭鋳造工場。洪武帝の即位前,至正 21 (1361) 年に初めて南京に設置され,永楽帝の北京遷都 (1421) 後は北京にも設置されて,両方とも工部の管轄下におかれた。なお政府の銅銭鋳造工場にはほかに各省都におかれた布政司管轄下の宝泉局があり,ともに官銭の鋳造にあたった。おもな官銭には大中通宝洪武通宝永楽通宝宣徳通宝,弘治通宝などがある。清代になってもこの宝源,宝泉の2局は存続し,歴代の官銭を鋳造した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

宝源局の関連キーワード鋳銭監制銭

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android