コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪武帝 こうぶていHong-wu-di; Hung-wu-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洪武帝
こうぶてい
Hong-wu-di; Hung-wu-ti

[生]天暦1(1328).濠州
[没]洪武31(1398).南京
中国,の第1代皇帝 (在位 1368~98) 。姓名は朱元璋,廟号は太祖。貧農の子に生まれ,若くして孤児となり托鉢僧をして暮らしたが,のち紅巾軍の部将郭子興の部下となって頭角を現した。元の江南の拠点南京を占領,呉王と称し,さらに各地の群雄をくだして明朝を建て (1368) ,洪武と建元し,同時に元をモンゴルに駆逐して中国を統一。漢民族王朝を回復して漢,唐の治世に返ることを旗印にしたが,単なる復古主義ではなく皇帝独裁体制の確立を目指した。中央では洪武 13 (1380) 年中書省を廃止して六部を独立させ,都察院 (検察) ,五軍都督府 (軍事) をおき,これらを皇帝に直属させた。地方でも布政使司 (行政) ,都指揮使司 (軍事) ,按察使司 (検察) の3権を分立しておのおのを中央に直結し,皇帝はこの統治機構の上に立って絶大な権力を握った。また皇子たちを全国の要地に分封し,帝国の防護にあたらせた。一方農民統治策としては里甲制を設け,賦役黄冊魚鱗図冊をつくらせて租税,力役の徴収を確実にし,政治の浸透をはかった。しかし皇帝独裁権の強化を目指す彼の制度改革は胡惟庸藍玉の獄などによる功臣の粛清や,錦衣衛を中心とするスパイ組織を使った恐怖政治によって実現したのであって,彼は一代で 10万人もの人を殺した。その結果,皇帝権は絶大となったが,晩年は皇太子標にも先立たれ,孤独のうちに病没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

洪武帝【こうぶてい】

中国,の建国者。廟号は太祖(在位1368年―1398年)。本名は朱元璋(しゅげんしょう)。貧農の生れ,元末の紅巾の乱に従軍,やがて一軍の長となり,競争者を倒して,1368年皇帝となる。
→関連項目永楽帝元朝秘史靖難の変太祖内閣(中国)南京琵琶記六部

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうぶてい【洪武帝 Hóng wǔ dì】

1328‐98
中国,明王朝の初代皇帝。在位1368‐98年。姓名は朱元璋(しゆげんしよう)。彼は中国史上に一世一元制を創始したので,その元号により洪武帝という。廟号により太祖ということも多い。彼は濠州(安徽省鳳陽県)の貧農の子に生まれ,若くして親,兄弟をなくし,一時僧侶となった。ちょうどこのころ,韓林児を首領とする紅巾の乱が起こり,その一党であった郭子興も濠州を占領して反乱にたちあがった。彼は意を決して郭子興軍に投じ,紅巾軍の一兵士となったが,たちまち頭角をあらわし一方の部将となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうぶてい【洪武帝】

明の太祖、朱元璋しゆげんしようの諡おくりな

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洪武帝
こうぶてい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の洪武帝の言及

【胡藍の獄】より

…そして曹震,朱寿ら明朝成立後,辺境の平定に貢献した功臣とともに多くの高級官僚が連座し,故人までも爵を奪われた。この二獄によって計4万5000人が連座処刑され,その罪状は天下に公示されたが,事実のほどは明らかではなく,すべては洪武帝の猜疑心(さいぎしん)より出たともいう。ともあれこの一連の獄によって皇帝独裁体制の確立と懿文(いぶん)太子なきあとの明朝の安定がはかられた。…

【靖難の変】より

…中国,明初におこった帝位継承をめぐる内乱。太祖洪武帝は帝室の安泰を願って功臣を粛清し,皇子を全国の要所に封じて帝室の藩屛とした。その数は最終的には25にのぼった。…

【明】より


【王朝の創建と政治】
 元朝の末期,政治の混乱に乗じてモンゴル人の支配に反抗する群雄が各地に割拠したが,なかでも明教,白蓮教を奉ずる紅巾軍が最大の勢力であった(紅巾の乱)。その中から身を起こし,金陵(後の南京)を根拠として,西の陳友諒,東の張士誠らの強敵を下し,1368年明朝を建てて帝位についたのが朱元璋で,年号によって洪武帝とよばれる。全国統一が一応完成するのは,71年の四川平定をまたねばならないが,華中から興って全国を統一したのは,明朝が史上最初である。…

【陵墓】より

…南宋は紹興を陵園の地としたが陵墓はなお未調査である。 明の太祖洪武帝の孝陵は陵墓を大きく改革した。(1)陵墓を方形から円形に改めた。…

※「洪武帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洪武帝の関連キーワード内閣(中国)華夷訳語胡藍の獄無逸克勤仲猷祖闡寧夏の乱寧王の乱文淵閣大明令緊圧茶姚広孝明玉珍沈万三方孝孺李善長建文帝明文衡紫禁城北元社学

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android