宝生新之丞(読み)ほうしょう しんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝生新之丞 ほうしょう-しんのじょう

?-1724 江戸時代中期の能役者ワキ方。
下掛(しもがかり)宝生流の初代春藤権七(しゅんどう-ごんしち)の娘婿となって2代をつぎ,宝生を名のる。のち弟を養子にして家名をゆずり,徳川綱吉につかえ,東条平左衛門と称した。享保(きょうほう)9年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android