コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実川延若(2代) じつかわ えんじゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実川延若(2代) じつかわ-えんじゃく

1877-1951 明治-昭和時代の歌舞伎役者。
明治10年12月11日生まれ。初代実川延若の長男。明治19年実川延二郎の名で初舞台。大正4年2代延若をつぐ。父の芸風をつぎ和事(わごと)を得意とし,武道,実事(じつごと)にもすぐれた。初代中村鴈治郎(がんじろう)とともに関西歌舞伎を代表した。昭和25年芸術院会員。昭和25年芸術院会員。昭和26年2月22日死去。73歳。大阪出身。本名は天星(あまぼし)庄右衛門。俳名は正鴈。屋号は河内屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

実川延若(2代)の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎市川崑木下恵介久松静児マキノ雅広稲垣浩大庭秀雄ANZUS条約社会福祉法

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone