実録体小説(読み)じつろくたいしょうせつ

精選版 日本国語大辞典の解説

じつろくたい‐しょうせつ ‥セウセツ【実録体小説】

〘名〙 実録風の小説。実際にあった事実・事件をもとに、巷説風説などをまじえて書かれた小説。幕末から明治一〇年代にかけてが全盛

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の実録体小説の言及

【実録物】より

…この名称は近代に入ってから近世の一類の読み物に与えられたもの。実録体小説ともいう。古くは〈写本物〉〈軍談の双子〉といわれ,写本で行われ,貸本屋が扱った点が注目される。…

※「実録体小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android