コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客観的精神 キャッカンテキセイシン

大辞林 第三版の解説

きゃっかんてきせいしん【客観的精神】

ヘーゲル哲学の用語。精神が歴史的・社会的な形で自己外化したもので、主観的精神と絶対的精神との中間に位する。ここでは自由になった意志が、外的には法として、内的には道徳として実現し、統一されて人倫となる。 → 絶対精神

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

客観的精神の関連キーワード民族心理学政治学史

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android