コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客観的精神 キャッカンテキセイシン

デジタル大辞泉の解説

きゃっかんてき‐せいしん〔キヤククワンテキ‐〕【客観的精神】

ヘーゲル精神哲学における概念精神の発展段階で、主観的精神から絶対的精神へと展開する中間の段階に位置するもの。具体的には法・道徳人倫という諸形態で顕現する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゃっかんてきせいしん【客観的精神】

ヘーゲル哲学の用語。精神が歴史的・社会的な形で自己外化したもので、主観的精神と絶対的精神との中間に位する。ここでは自由になった意志が、外的には法として、内的には道徳として実現し、統一されて人倫となる。 → 絶対精神

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

客観的精神の関連キーワード民族心理学政治学史

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android