宣旨の使(読み)センジノツカイ

デジタル大辞泉の解説

せんじ‐の‐つかい〔‐つかひ〕【宣旨の使】

勅旨を伝える使者
「―にて斉信の宰相の中将の、御桟敷へ参り給ひしこそ、いとをかしう見えしか」〈・一二八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんじのつかい【宣旨の使】

勅旨を伝達する使者。
検非違使の命令書を伝える使者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せんじ【宣旨】 の 使(つかい)

勅旨を伝える使者。
※枕(10C終)一二八「せんじのつかひにて、斉信の宰相の中将の、御桟敷へまゐり給ひしこそ、いとをかしう見えしか」
② 官宣旨を伝達する使者。
※吾妻鏡‐承久三年(1221)五月一九日「関東分宣旨御使。今日同到着云々」
検非違使(けびいし)の命令書(別当宣)を伝える使者。別当宣の旨を執行する検非違使。
※平家(13C前)四「いかに宣旨の御使をばかうはするぞといひければ、宣旨とはなんぞとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android