宮城与徳(読み)みやぎ よとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮城与徳 みやぎ-よとく

1903-1943 昭和時代前期の洋画家,反戦運動家。
明治36年2月10日生まれ。渡米してサンディエゴ官立美術学校などでまなび,アメリカ共産党日本人部に入党。昭和8年帰国。ゾルゲと尾崎秀実(ほつみ)に協力し,北林トモ,九津見房子らを組織して情報収集活動をおこなった。16年ゾルゲ事件で検挙され,未決勾留中の昭和18年8月2日獄死。41歳。沖縄県出身。沖縄師範中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android