コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎秀実 おざきほつみ

7件 の用語解説(尾崎秀実の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾崎秀実
おざきほつみ

[生]1901.4.29. 東京
[没]1944.11.7. 東京
評論家,政治家。東京大学卒業後,1926年東京朝日新聞社に入社。特派員として上海におもむいたが,38年退社。満鉄の東亜経済調査局嘱託となった。日中戦争開始後に近衛文麿ブレーン・トラストに加わり,しかも 34年頃からはコミンテルン諜報機関の一員でもあったといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おざき‐ほつみ〔をざき‐〕【尾崎秀実】

[1901~1944]評論家。東京の生まれ。中国問題に詳しく、日本の中国侵略に反対していたが、ゾルゲ事件に連座し、検挙されて刑死。著「現代支那論」、獄中書簡集「愛情はふる星のごとく」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尾崎秀実【おざきほつみ】

新聞記者,評論家,社会主義者。1926年―1938年朝日新聞社に勤務,傑出した中国評論家としてしだいに認められ,1938年満鉄嘱託として中国の現状を科学的に分析し,近衛文麿ブレーンとなった。
→関連項目伊藤律尾崎秀樹昭和研究会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎秀実 おざき-ほつみ

1901-1944 昭和時代前期の中国問題評論家。
明治34年4月29日生まれ。尾崎秀樹(ほっき)の兄。大正15年東京朝日新聞社入社。上海支局時代にスメドレー,ゾルゲらを知る。帰国後,第1次近衛内閣,満鉄調査室の嘱託をつとめ,東亜協同体論を唱える。昭和16年ゾルゲ事件で国際スパイとして逮捕され,19年11月7日処刑された。44歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「現代支那論」,獄中書簡「愛情はふる星のごとく」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おざきほつみ【尾崎秀実】

1901‐44(明治34‐昭和19)
社会主義者,評論家。東京に生まれ,中学卒業まで台北ですごし,父秀太郎の影響で幼少のころから中国問題に興味をもつ。1925年東大卒業,翌年東京朝日新聞社に入社,28年上海特派員となり,29年A.スメドレーと知り合い,30年R.ゾルゲと会う。32年帰国,34年ゾルゲと再会してゾルゲ諜報機関に参加した。36年西安事件の評論によって注目され,以後傑出した中国評論家として活躍した。37年昭和研究会に参加,38年朝日を退社して,満鉄の東亜経済調査局嘱託,第1次近衛文麿内閣の嘱託となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おざきほつみ【尾崎秀実】

1901~1944) 中国研究家。東京生まれ。東大卒。朝日新聞記者。第一次近衛内閣のブレーン。1941年、ゾルゲ事件で逮捕され、44年処刑。著「現代支那論」「最近日支関係史」「愛情はふる星のごとく」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾崎秀実
おざきほつみ
(1901―1944)

共産主義者で中国問題評論家。明治34年4月29日東京に生まれる。東京帝国大学法学部卒業後朝日新聞社に入社。1928年(昭和3)から同紙特派員として上海(シャンハイ)に住む。このとき中国の左翼文化運動にかかわり、積極的に中国革命を支持するようになる。そして魯迅(ろじん/ルーシュン)やスメドレーと知り合い、スメドレーの紹介によりドイツ人でソ連共産党員のゾルゲを知り、ゾルゲの中国における情報工作に協力する。1932年大阪朝日新聞本社に転勤。1934年ゾルゲと再会。これ以後、日本におけるゾルゲの情報活動を支援し、日ソ不戦のために努力する。同年東京に転勤。1938年、朝日新聞社を退社し近衛文麿(このえふみまろ)内閣の嘱託に就任する。翌1939年、近衛内閣総辞職とともにこれを辞し、満鉄調査部の嘱託になる。中国から帰国後の尾崎は中国問題評論家として活躍し、『嵐(あらし)に立つ支那(シナ)』(1937)、『現代支那論』(1939)、『支那社会経済論』(1940)などによって、独自の東亜協同体論を展開した。1941年10月ゾルゲ事件が発覚して逮捕され、1944年(昭和19)11月7日処刑された。1946年(昭和21)に獄中書簡集『愛情はふる星のごとく』が出版されベストセラーになった。[山田敬男]
『風間道太郎著『ある反逆―尾崎秀実の生涯』(1959・至誠堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の尾崎秀実の言及

【スメドレー】より

…1917年,第1次大戦下のニューヨークでインド人活動家たちと知り合い,独立運動を支援してスパイ容疑で投獄される。自伝的小説《女一人大地を行く》(1920)は,強い自立心と不正を憎む性質をたくまず表現しており,第2次大戦前に白川次郎(尾崎秀実の筆名)訳で日本に紹介され,反響をよんだ。20年にヨーロッパへ渡り,ベルリンでインド国民会議派左派のビレンドラナート・チャトパジャーヤと同棲。…

【ゾルゲ事件】より

R.ゾルゲ尾崎秀実(ほつみ)を中心とする対日諜報機関関係者の検挙事件。ソ連赤軍第4本部に所属し諜報活動に従事していたゾルゲは,偽装のためナチス党へ入党,ドイツの新聞社の日本特派員として1933年9月に来日し,ドイツ大使館から絶大な信頼をかちえていた。…

※「尾崎秀実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尾崎秀実の関連キーワード新居格講壇社会主義社会主義神髄サンシモン社会主義革命社会主義者主義者講壇社会主義者国際社会主義者会議70年民主社会主義者

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾崎秀実の関連情報