コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎林三郎 みやざき りんざぶろう

1件 の用語解説(宮崎林三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎林三郎 みやざき-りんざぶろう

1859-1931 明治-大正時代の発明家。
安政6年4月18日生まれ。30歳ごろ眼病で失明したが発明工夫に没頭,精巧な宮崎式縄編機をつくり,明治39年特許をえた。その後莚(むしろ)織機,畳織機を発明,帝国発明協会より表彰をうけた。昭和6年10月28日死去。73歳。肥前佐賀郡出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮崎林三郎の関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳光の科学史岸沢式佐井上財政満州事変シーボルト難波抱節地向斜

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone