宮崎林三郎(読み)みやざき りんざぶろう

  • 宮崎林三郎 みやざき-りんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1859-1931 明治-大正時代の発明家。
安政6年4月18日生まれ。30歳ごろ眼病で失明したが発明工夫に没頭,精巧な宮崎式縄編機をつくり,明治39年特許をえた。その後莚(むしろ)織機,畳織機を発明,帝国発明協会より表彰をうけた。昭和6年10月28日死去。73歳。肥前佐賀郡出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android