宮崎林三郎(読み)みやざき りんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎林三郎 みやざき-りんざぶろう

1859-1931 明治-大正時代の発明家。
安政6年4月18日生まれ。30歳ごろ眼病で失明したが発明工夫に没頭,精巧な宮崎式縄編機をつくり,明治39年特許をえた。その後(むしろ)織機,畳織機を発明,帝国発明協会より表彰をうけた。昭和6年10月28日死去。73歳。肥前佐賀郡出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android