コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎林三郎 みやざき りんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎林三郎 みやざき-りんざぶろう

1859-1931 明治-大正時代の発明家。
安政6年4月18日生まれ。30歳ごろ眼病で失明したが発明工夫に没頭,精巧な宮崎式縄編機をつくり,明治39年特許をえた。その後(むしろ)織機,畳織機を発明,帝国発明協会より表彰をうけた。昭和6年10月28日死去。73歳。肥前佐賀郡出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮崎林三郎の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android