表彰(読み)ひょうしょう

精選版 日本国語大辞典「表彰」の解説

ひょう‐しょう ヘウシャウ【表彰】

〘名〙 善行、功労などをほめたたえ、人々に広く知らせること。表旌(ひょうせい)。〔布令字弁(1868‐72)〕
破戒(1906)〈島崎藤村〉二「功績表彰の文字を彫刻した名誉の金牌」 〔後漢書‐光武帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「表彰」の解説

ひょう‐しょう〔ヘウシヤウ〕【表彰】

[名](スル)善行・功績などを人々の前に明らかにし、ほめたたえること。「永年勤続者を表彰する」「表彰状」「表彰台」
[類語]顕彰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「表彰」の解説

【表彰】ひようしよう(へうしやう)

あらわし、あきらかにする。〔後漢書、光武帝紀下〕(けだ)しを感致し、を表するを以て、(ここ)を以てしてを致し、して中興と爲す。今天下にして、靈物仍(よ)りてる。

字通「表」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android