コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎菜

デジタル大辞泉プラスの解説

宮崎菜

群馬県富岡市で生産される葉物野菜。富岡市宮崎の丘陵地で古くから栽培されている漬け菜の一種。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

宮崎菜[葉茎菜類]
みやざきな

関東地方、群馬県地域ブランド
主に富岡市宮崎地区で生産されている。宮崎菜の由来は、判然としない。他の地域で栽培するとあくが強くなりすぎ、食味が著しく劣るといわれている。同地区でつくられたものは、あくがちょうど良い渋みになるため、古くから家庭の味として親しまれてきた。現在でも、その多くが家庭用としてつくられる。2月上旬から3月末頃に収穫され、漬物・おひたし・胡麻和えにして食べることが多い。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

宮崎菜の関連キーワード群馬県富岡市関東地方

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮崎菜の関連情報