コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎菜

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

宮崎菜[葉茎菜類]
みやざきな

関東地方、群馬県地域ブランド
主に富岡市宮崎地区で生産されている。宮崎菜の由来は、判然としない。他の地域で栽培するとあくが強くなりすぎ、食味が著しく劣るといわれている。同地区でつくられたものは、あくがちょうど良い渋みになるため、古くから家庭の味として親しまれてきた。現在でも、その多くが家庭用としてつくられる。2月上旬から3月末頃に収穫され、漬物・おひたし・胡麻和えにして食べることが多い。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

宮崎菜の関連キーワード群馬県富岡市関東地方

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android