宮戸島遺跡(読み)みやとじまいせき

世界大百科事典 第2版の解説

みやとじまいせき【宮戸島遺跡】

宮城県桃生郡鳴瀬町宮戸島の里浜地区一帯にひろがる縄文時代前期から弥生時代にかけての大規模な貝塚群の総称で,里浜貝塚ともよばれる。その規模は東西600m,南北800mにおよび,貝塚は地点により,寺下囲,台囲,梨木囲,袖窪などの小字名を冠してよばれることもある。学界に紹介されたのは明治時代であるが,大正時代の発掘調査で,層位学的・型式学的研究がなされたことと,多数の人骨が発見されたことで有名になった。その後も数多くの研究者や研究機関によって調査されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android