コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮本元甫 みやもと げんぽ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮本元甫 みやもと-げんぽ

1796-1866 江戸時代後期の蘭方医。
寛政8年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩医の子。中年になって長崎に遊学,吉雄権之助蘭方をまなぶ。京都で開業,新宮凉庭(しんぐう-りょうてい)とまじわり,その塾生をおしえた。のち摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)の藩医。慶応2年死去。71歳。本姓は田結。名は寛。字(あざな)は子裕。号は葵園。訳書に「産科須知(すち)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮本元甫

没年:慶応2(1866)
生年:寛政8(1796)
江戸後期の蘭方医。名は寛,字は子裕,通称は元甫,号は葵園,鉅鹿。大垣藩(岐阜県)藩医田結道需の次男。幼くして菱田毅斎に儒学を学ぶ。文政10(1827)年32歳で飯沼慾斎の義弟飯沼玄礼と共に長崎に遊学,吉雄権之助について蘭学を,シーボルトについて医学を学ぶ。京都に開業するが,その居宅が蘭方医新宮凉庭 の南隣にあり,凉庭にその人柄と才能を認められ東山の順正書院で蘭書を講義。のち凉庭の推挙によって高槻藩医となる。塾名を和為貴塾と称した。博覧強記で「オランダの字典」と称された。<著作>『瘍科新選』『黴科捷径』『産科須知』

(遠藤正治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

宮本元甫の関連キーワードシーボルトアーガー・ムハンマドシーボルトプロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争エカチェリーナドニエプロペトロフスクニーマンメドハースト

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android