コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新宮凉庭 しんぐう りょうてい

4件 の用語解説(新宮凉庭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新宮凉庭 しんぐう-りょうてい

1787-1854 江戸時代後期の蘭方医。
天明7年3月13日生まれ。長崎で吉雄(よしお)権之助,オランダ人医師にまなぶ。京都で開業のかたわら,順正書院をひらき,西洋医学教育をおこなう。理財家として,盛岡藩の財政改革にあたった。嘉永(かえい)7年1月9日死去。68歳。丹後(京都府)出身。名は碩(せき)。号は駆豎斎(くじゅさい),鬼国山人。著作に「破レ家ノツヽクリ話」,訳書に「解体則」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

新宮凉庭

没年:安政1.1.9(1854.2.6)
生年:天明7.3.13(1787.4.30)
幕末の蘭方医。名は碩,字は凉庭,号は鬼国,駆豎斎。丹後国(京都府)由良の新宮道庵の長子。少年時代に伯父有馬凉築の学僕となり医を学ぶ。21歳のころ宇田川玄随訳の『西説内科撰要』を読み,蘭医方修業を志し,途中医家を歴訪して治療法を学びつつ,文化10(1813)年長崎に着く。以後文政1(1818)年まで滞在し,吉雄権之助,同献作,末次独笑らにオランダ語,医学,天文学を学び,またオランダ医師にも学ぶ。長崎を去るとき翻訳書『血論』を述作。帰郷の翌文政2年京都に出て室町高辻に開業,名声を得る。藤林普山の翻訳を助け,自らも多数の蘭医書を訳し,弟子を養い,医学教育に8学科を定めて自らの翻訳書などをテキストとした。天保10(1839)年南禅寺すぐ西に順正書院(現存)を造営し,医学,儒学などを講じ,公家,大名,名士も聴講し,また文人墨客も訪れて文化サロンの観を呈した。また理財家としてもすぐれ,天保11年南部藩の財政指導に赴き,綾部藩の改革,越前藩,鯖江藩への融資,津藩の学校建設資金の寄付などを行い,経済書に『破レ家ノツゞクリ話』がある。訳書に『窮理外科則』『解体則』など多数,紀行や家訓もあり,当時随一の蘭書所蔵家。その訳語は今日に残る。娘に養子(凉民)をとり,弟子に4分家を建て,弟子は明治16(1883)年順正医会を創立した。凉庭の医術は卓抜,蓄財多く,越前藩に2万両を貸す。蛮社の獄(1839)など蘭学受難期も巧みに切り抜ける名哲保身の面もあった。<参考文献>新宮凉閣編『鬼国先生言行録』,山本四郎新宮凉庭伝』

(山本四郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんぐうりょうてい【新宮凉庭】

1787~1854) 江戸後期の蘭方医。丹後由良の人。名は碩。長崎で学び京都に順正書院をひらき系統的な医学教育を行なった。また理財家としても知られた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新宮凉庭
しんぐうりょうてい
(1787―1854)

江戸末期の蘭方医(らんぽうい)。丹後国(たんごのくに)与謝(よさ)郡由良(ゆら)(京都府宮津市)の新宮義憲の長子。名は碩。通称が凉亭、凉庭。駆豎斎(くじゅさい)、鬼国山人などと号す。伯父で福知山藩医の有馬凉築に漢方を学び、16歳のとき従兄(いとこ)有馬丹山に従い江戸に2年滞在ののち、帰郷して開業。1810年(文化7)蘭方医を志し、治療や名医を訪ねながら1813年に長崎に到着。吉雄如淵(よしおじょえん)(権之助(ごんのすけ)、1785―1831)らに師事、蘭館長ドゥーフに認められ館医の指導を受け、医学・オランダ語に熟達した。1818年(文政1)帰郷、翌1819年京都に開業。1825年シーボルトの入洛(にゅうらく)時に訪問。1839年(天保10)南禅寺畔に順正書院を設立、医学を8学科とし系統的に教育し、経書も講じた。友人や名士が多数訪れ洛中(らくちゅう)の一名所となった。理財の才にたけ、南部藩、越前(えちぜん)藩などの財政改革に協力、金融もした。一門の繁栄を考え養子4分家案を実行した。嘉永(かえい)7年1月9日没。墓所は京都市左京区南禅寺天授庵(あん)。著作に『破レ家ノツヾクリ話』『西遊日記』『駆豎斎方府』『泰西疫論』『療治瑣言(さげん)』『神経疫論』『生理則』『解体則』『窮理外科則』『人身分離則』『但泉紀行』『駆豎斎家訓』などがある。[末中哲夫]
『山本四郎著『新宮凉庭傳』(1968・ミネルヴァ書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新宮凉庭の言及

【丹後国】より

…このほか由良川のサケ漁,丹後半島北部海岸で行われた海女の潜海漁業も注目すべきものである。
[文化と社会]
 文化学術に功績を残した人に,まず医学者新宮凉庭があげられる。加佐郡由良村(現,宮津市)の出身で長崎で蘭学を学び,1839年(天保10)京都東山に順正書院を開き,多数の医学生を育てた。…

※「新宮凉庭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新宮凉庭の関連キーワード林洞海新宮涼庭戸塚静海小森宗二斎藤方策柴田方庵杉田恭卿広川獬日高凉台宮本元甫

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone