信達騒動(読み)しんだつそうどう

百科事典マイペディアの解説

信達騒動【しんだつそうどう】

江戸時代,陸奥(むつ)国の信夫(しのぶ)郡・伊達(だて)郡で起きた百姓一揆信達一揆ともいわれ,江戸時代中期と幕末期の一揆がある。1729年幕府代官定免(じょうめん)の引上げなど年貢(ねんぐ)の増徴策を行ったことに対して,百姓が一揆を結び,江戸への越訴(おっそ)や強訴(ごうそ),ほかの大名領内への逃散(ちょうさん)などに及んだ。獄門2人・遠島9人を含めて89人の処分となった。1749年赴任した幕府代官が凶作のなかで年貢増徴策を打ち出したため,一揆して代官所に押し寄せ,減免のほか石代納(こくだいのう)や延納などを要求した。代官は福島藩・仙台藩に応援を求め,一揆指導者の逮捕を始め,処刑に及んだが,百姓側の要求も一部は受け入れられ,代官は翌年に悶死したという。1866年の一揆は世直し騒動とよばれ,幕府が生糸(きいと)・蚕種(さんしゅ)の売買に改印(あらためいん)制を導入して手数料で利益を上げようとした業者を認可したのに対して蜂起したもの。民衆思想家の菅野(かんの)八郎が指導したことで知られるが,米値の引下げ,人馬徴発の軽減などを要求して打毀(うちこわし)を行った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんだつそうどう【信達騒動】

信達一揆ともいう。江戸時代,陸奥国信夫(しのぶ)・伊達両郡(福島市周辺)で起こった百姓一揆。この地域では近世後期にしばしば百姓一揆が起こっているが,なかでも1749年(寛延2)の幕領での惣百姓強訴と1866年(慶応2)の世直し騒動は,信夫・伊達両郡にまたがる規模のものであったので信達騒動と呼ばれている。 (1)寛延の惣百姓強訴は1749年桑折(こおり)代官所の代官として着任した神山三郎左衛門が,凶作にもかかわらず過酷な増租策を打ち出したのが原因である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android