コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信達騒動 しんだつそうどう

2件 の用語解説(信達騒動の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

信達騒動【しんだつそうどう】

江戸時代,陸奥(むつ)国の信夫(しのぶ)郡・伊達(だて)郡で起きた百姓一揆信達一揆ともいわれ,江戸時代中期と幕末期の一揆がある。1729年幕府代官定免(じょうめん)の引上げなど年貢(ねんぐ)の増徴策を行ったことに対して,百姓が一揆を結び,江戸への越訴(おっそ)や強訴(ごうそ),ほかの大名領内への逃散(ちょうさん)などに及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんだつそうどう【信達騒動】

信達一揆ともいう。江戸時代,陸奥国信夫(しのぶ)・伊達両郡(福島市周辺)で起こった百姓一揆。この地域では近世後期にしばしば百姓一揆が起こっているが,なかでも1749年(寛延2)の幕領での惣百姓強訴と1866年(慶応2)の世直し騒動は,信夫・伊達両郡にまたがる規模のものであったので信達騒動と呼ばれている。 (1)寛延の惣百姓強訴は1749年桑折(こおり)代官所の代官として着任した神山三郎左衛門が,凶作にもかかわらず過酷な増租策を打ち出したのが原因である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone