コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮路朔之進 みやじ さくのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮路朔之進 みやじ-さくのしん

1793-1874 江戸時代後期の公共事業家。
寛政5年生まれ。近江(おうみ)八田村(滋賀県水口(みなくち)町)で旗本国領(こくりょう)氏の代官を代々つとめる。文政2年江戸で主家の財政整理をおこなう。帰郷後は村の財政改革につとめ,用水池を造成した。明治7年8月15日死去。82歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮路朔之進の関連キーワードルイ17世おもなお雇い外国人ナポレオン1世マリ・アントアネットロベスピエール総合年表(アメリカ)自由民権運動わが祖国グロー上田秋成

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android