コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮道弥益 みやじの いやます

2件 の用語解説(宮道弥益の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮道弥益 みやじの-いやます

?-? 平安時代前期の豪族。
山城(京都府)宇治郡の郡司。元慶(がんぎょう)6年(882)従五位上となり,ときに主計頭(かずえのかみ)。娘列子が藤原高藤にとつぎ,その娘胤子(いんし)が宇多天皇女御(にょうご)となり醍醐(だいご)天皇を生む。外戚(がいせき)として宮内大輔(たいふ)にのぼったという。居宅はのち勧修寺(かじゅうじ)となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宮道弥益

生年:生没年不詳
平安初期の豪族。山城国宇治郡の郡司で山科栗栖野(京都市山科区)に住む。娘列子と大臣藤原高藤の間に生まれた胤子が宇多天皇の女御となって醍醐天皇を生み,外戚として栄えた。醍醐天皇が母のため栗栖野の居宅を昌泰3(900)年寺に改めたのが勧修寺である。近くに宮道神社がある。

(村井康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮道弥益の関連キーワード直仁徳出雲人長延庭尾張弟広各務吉雄各務吉宗膳伴家吉慈恒秦永成山春永

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone