コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外戚 ガイセキ

8件 の用語解説(外戚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がい‐せき〔グワイ‐〕【外戚】

母方の親類。げしゃく。

げ‐さく【外戚】

げしゃく(外戚)

げ‐しゃく【外戚】

母方の親類。がいせき。げさく。⇔内戚
「内戚にも―にも、女といふもののなむ乏しく侍る」〈宇津保・内侍督〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

外戚【がいせき】

一般に母方の親族をいい,父方の親族の内親・内戚に対する。中国では皇后または皇太后の一族をいう。日本では奈良初期,藤原不比等(ふひと)が2人の娘を文武(もんむ)天皇聖武天皇に入内(じゅだい)させ,皇室の外戚となり藤原氏繁栄の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がいせき【外戚】

中国で皇后または皇太后の一族をいう。ことにその父や兄は,娘または妹にあたる皇后や皇太后を介して国政に容喙(ようかい)し,絶大な権勢をふるうとともに,一族郎党がその権勢を背景にして横暴をはたらくことが多い。皇帝が幼少で,皇太后が摂政になったとき,あるいは皇帝が暗愚で,皇后の力が強いとき,そのような現象がおこりやすい。漢の高祖劉邦の死後,呂(りよ)太后が若年の恵帝をさしおいて国政を動かし,呂氏一族とともに天下を奪いとろうとしたことや,唐の高宗の皇后則天武后がついに唐の国家を奪って国号を周と改めたことなどは,外戚による簒奪というよりも,むしろ皇后ないし皇太后自身による政変というべきだが,もとより外戚による簒奪の例も存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

がいせき【外戚】

母方の親戚。げしゃく。 ↔ 内戚

げさく【外戚】

げしゃく【外戚】

〔呉音〕
母方の親族。がいせき。げさく。 ↔ 内戚ないしやく 「内戚にも-にも女といふ物なむともしく侍る/宇津保 初秋

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外戚の関連キーワード中宮国の母御陵三后太皇太后大葬台臨陛下議親太皇太后宮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外戚の関連情報