害虫抵抗性作物(読み)がいちゅうていこうせいさくもつ(英語表記)insect‐resistance crop

知恵蔵の解説

遺伝子組み換え品種の1つ。土壌細菌のバチルス・チューリンゲンシス(Bacillus thuringiensis:Bt菌)のBt遺伝子を作物に導入している。Bt遺伝子から作られるたんぱく質は、特定の種類の昆虫に対して殺虫作用を示すため、遺伝子組み換え作物は葉やを食害する害虫から守られ、殺虫剤の散布回数や使用量を減らせる。Btたんぱく質を昆虫が摂取すると、消化管内がアルカリ性のため部分的に消化され、毒性を示すペプチド(アミノ酸が少数個結合したもの)ができ、この毒性ペプチドが腸管細胞の受容体(結合する相手)に結合して細胞が破壊され、殺虫性が生じる。哺乳類では胃内が酸性で毒性ペプチドがほとんど生成されず、生成しても腸管細胞に受容体がないために毒性は現れず、動物実験でも安全性が確認されている。トウモロコシジャガイモワタなどにこの品種がある。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android