コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家見 イエミ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐み〔いへ‐〕【家見】

新たに住もうとする家を下見すること。
新しい住居のようすを、親しい人が見に訪れること。
「御宿這入の御寿。刑部様より御―」〈浄・先代萩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いえみ【家見】

買ったり借りたりしようとする家を下検分すること。
新築や転居を祝って、知人らが訪問すること。 「 -の始めにただ何をか参らすべき此木/仮名草子・仁勢物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家見の関連キーワードヨシュカ フィッシャー林家 正蔵(7代目)フィッシャータニア ハフ奄美(市)伊藤智之見兼ねる仮名草子建築儀礼こいがめ辛がる孔雀草転居

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家見の関連情報