縁者(読み)えんじゃ

精選版 日本国語大辞典「縁者」の解説

えん‐じゃ【縁者】

〘名〙
① 自分と因縁のある者。
② 親戚関係でつながっている者。縁続きの人。
※九冊本宝物集(1179頃)五「三十二人のかいごの武士の縁者、あるいはしうとといひ、むこといひ、五天竺にぢうまんせり」
③ (近世では「親類」と区別して) 結婚によって生じた近親の者。姻戚姻族縁類。えんざ。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)三「親類えんじゃたり共、他国者は城内へかたくきんぜいとのなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「縁者」の解説

えん‐じゃ【縁者】

縁続きの人。親戚。「親類縁者
[補説]近世では、血のつながった親類と区別して、婚姻・養子縁組みによって縁続きとなった家の人をさした。
[類語]縁続き縁故身寄り遠縁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の縁者の言及

【家】より

…日本の家も西欧のファミリーも,その基本的機能は成員の生活保障にある。だからこそ血縁者のみでなく,他人もいれる必要がでてくる。英語のファミリーfamilyの原義は家の使用人たちであった。…

※「縁者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android