コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿儺 すくな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宿儺 すくな

日本書紀」にみえる怪人
飛騨(ひだ)(岐阜県)にすみ,頭の後ろにも顔があり,手足も2組もつ。力がつよく,左右に剣をおび,民をくるしめるのを楽しみとした。仁徳(にんとく)天皇が派遣した武振熊(たけふるくま)に討たれたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宿儺の関連キーワード宿儺かぼちゃ飛驒国飛騨

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿儺の関連情報