コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武振熊 たけふるくま

1件 の用語解説(武振熊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武振熊 たけふるくま

記・紀にみえる武人。
和珥(丸邇)(わに)氏の祖。仲哀(ちゅうあい)天皇の没後,神功(じんぐう)皇后の命により武内宿禰(たけしうちのすくね)とともに忍熊(おしくまの)皇子を討つ。仁徳(にんとく)天皇の治世に飛騨(ひだ)に派遣され,皇命にそむき人民を略奪する宿儺(すくな)を誅殺(ちゅうさつ)したという。難波根子(なにわのねこ)武振熊とも。「古事記」では建振熊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

武振熊の関連キーワード武渟川別命天足彦国押人命糠君娘糸媛鹿我別吉備武彦彦坐王彦国葺宮主宅媛和珥武振熊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone