コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武振熊 たけふるくま

1件 の用語解説(武振熊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武振熊 たけふるくま

記・紀にみえる武人。
和珥(丸邇)(わに)氏の祖。仲哀(ちゅうあい)天皇の没後,神功(じんぐう)皇后の命により武内宿禰(たけしうちのすくね)とともに忍熊(おしくまの)皇子を討つ。仁徳(にんとく)天皇の治世に飛騨(ひだ)に派遣され,皇命にそむき人民を略奪する宿儺(すくな)を誅殺(ちゅうさつ)したという。難波根子(なにわのねこ)武振熊とも。「古事記」では建振熊。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone