寄坐・尸童・憑子(読み)よりまし

精選版 日本国語大辞典の解説

より‐まし【寄坐・尸童・憑子】

〘名〙 (神霊の「寄り坐し」の意) 修験者や巫子(みこ)が神降ろしをする際、神霊や物の怪(け)を寄りつかせるための小童や人形。寄り。
袖中抄(1185‐87頃)四「よりべのみづ〈略〉又物つきをよりましと云も同心也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android