コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松紫朝(2代) ふじまつ しちょう

1件 の用語解説(富士松紫朝(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士松紫朝(2代) ふじまつ-しちょう

1873-1918 明治-大正時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
明治6年9月9日生まれ。新内節。盲人で,鶴賀花太夫の門にはいり,のち初代富士松紫朝にまなび,紫玉(しぎょく),のち佐交(左交)と名のる。明治29年上京して色物の柳(やなぎ)派にくわわり,柳家柴朝(しちょう)の名で寄席に出演。後年柴の字を紫にかえた。大正7年5月12日死去。46歳。富山県出身。本名は尾山亀次郎。初名は鶴賀花蝶。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富士松紫朝(2代)の関連キーワード岡部覚弥岡本宮古太夫(2代)竹本染太夫(9代)竹本弥太夫(6代)鶴賀鶴吉(5代)常磐津若太夫(6代)豊竹駒太夫(6代)豊竹湊太夫(6代)堀河護麿松浦栄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone