コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ革命 ドイツかくめい November Revolution

6件 の用語解説(ドイツ革命の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ革命
ドイツかくめい
November Revolution

第1次世界大戦末期にドイツで発生し,帝政を倒した革命。 11月革命ともいう。戦場での敗北と経済の麻痺の結果,1918年 11月3日のキール軍港における水兵の反乱を発端に特にドイツの都市に革命が広がり,各地に労兵評議会が誕生した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドイツ‐かくめい【ドイツ革命】

第一次大戦末期の1918年、戦況の悪化とロシア革命の影響のもとで、ドイツに起こった革命。11月のキール軍港の水兵の反乱に始まり、労働者の運動が展開、多数派社会民主党エーベルト臨時政権を樹立して帝政を廃止、共和制をしいた。1919年8月、ワイマール憲法を制定。十一月革命

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドイツ革命【ドイツかくめい】

1918年11月キール軍港の水兵反乱を契機に起こり,ドイツ帝政を崩壊させた革命。革命は政治的自由と平和を要求して開始された。この革命によって三国同盟側は完全にくずれ,第1次大戦に終止符が打たれた。
→関連項目アイスナーキール国民自由党シャイデマン第1次世界大戦ドイツ共産党ドイツ帝国ドイツ独立社会民主党ハートフィールドピークブレスト・リトフスク条約プロレタリア演劇マクシミリアン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツかくめい【ドイツ革命】

ドイツ第二帝制(ドイツ帝国)を崩壊させ,ワイマール共和国の成立で一応の終結をみた革命。ドイツ十一月革命,また〈1918‐19年のドイツ革命〉とも呼ばれる。ただし最近では,第1次大戦中から戦後にかけての大衆行動の発展に注目して,大戦期からワイマール共和国が一応の安定をみた20年ないし23,24年までを通して考えることが多い。
[大戦中の大衆行動と反戦諸派]
 1914年8月,第1次大戦が勃発すると,ドイツでは,戒厳状態が布告される一方,〈防衛戦争〉遂行のための一致協力の体制として〈城内平和Burgfriede〉が成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ドイツかくめい【ドイツ革命】

ドイツ帝国からワイマール共和国への移行をもたらした1918~19年の革命。キール軍港での水兵暴動が各地に波及して帝政が崩壊。急進的社会変革を嫌う社会民主党右派が軍部・財界の保守派と妥協して主導権を握ったため、穏健な資本主義再編成が行われたにとどまる。十一月革命。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツ革命
どいつかくめい
Deutsche Revolutionドイツ語

1918年11月、ドイツにおいて、皇帝、諸王侯が追われた革命。「十一月革命」ともよばれるが、ドイツ帝国からワイマール共和国に至るこの民主主義革命の性格をめぐる、1950年ごろからの論議のなかで革命的移行期が重視され、「1918~19年のドイツ革命」ととらえられている。移行期の終了時点については見解が分かれるが、一般には19年1月19日の国民議会選挙に一つの画期を認めている。ワイマールに招集された国民議会が、ベルサイユ条約を受諾してドイツの国際的地位を確定するとともに、新憲法を制定して内政上の基礎を据えたからである。[吉田輝夫]

経過

1918年1月の労働者の大ストライキに示されるように、第一次世界大戦の長期化に伴い、ドイツ国民の犠牲は耐えがたく、平和への期待は強まった。同年8月西部戦線で敗れると、軍部は全面的崩壊を恐れて独裁的支配を譲り、10月、初めて議会に基づくマックス・フォン・バーデン政府が成立し、和平交渉を始めるとともに民主的改革に着手した。だが和平交渉ははかどらず、国民には皇帝ウィルヘルム2世の退位を要求する声が高まった。ドイツ海軍は、このような状況を無視して、イギリス艦隊に決戦を挑もうと、艦隊出撃を命じた。これに対し、水兵たちは「死の出撃」に反抗し、11月4日キール軍港で反乱、労働者と連帯してレーテRte(評議会の意。「ソビエト」のドイツ語訳)を形成した。この運動はたちまち港湾都市に波及し、内陸部にも拡大した。
 1918年11月7日、バイエルン王国の首都ミュンヘンに革命が起こり、王制は打倒され、労兵レーテが権力を掌握した。また、11月9日、ベルリンにゼネストが起こった。マックス・フォン・バーデンは皇帝に退位を求めたが、要領を得ないため、自らの責任で皇帝の退位を宣言し、社会民主党のエーベルトに宰相職を譲った。翌10日、皇帝はオランダに亡命した。11日、連合国との間に休戦条約が調印された。一方、その前日の10日、ベルリン労兵レーテ大会は人民委員政府を承認した。これは社会民主党と独立社会民主党から構成されたが、これを指導したエーベルトは、当面の課題を、秩序の維持、国民生活の保障、国民議会の準備、さらに平和条約の締結に置き、このため軍部、官僚、資本家などの協力を不可欠としたのである。
 すでに1918年10月、資本家は革命を予想し、労働組合との接触を始め、11月15日には労資協定を結び、8時間労働日、労働組合の承認など大幅な譲歩をして労働者を体制内につなぎとめようとした。労働者のなかには社会主義の実現を求める声も強く、とくにルールの炭鉱労働者は鉱山業の「社会化」を要求した。だが政府は社会化委員会を設置するにとどまり、12月中旬の全国労兵レーテ大会が即時「社会化」を決議しても、資本主義経済を正常化したうえで「社会化」するとして、熱意を示さなかった。
 人民委員政府は最高権力を掌握したが、従来の行政機関に依存し、これまでの官僚を技術的専門家として更迭しなかった。軍部にもボリシェビズムすなわち急進分子を抑圧する役割が与えられた。1918年12月16~20日の全国労兵レーテ大会はいわゆる「ハンブルク項目」を決議し、軍の徹底的解体、「国民軍」の創設などを要求したが、エーベルトはこれを無視しただけでなく、翌19年1月19日の国民議会選挙を決定させ、レーテを圧殺したのである。[吉田輝夫]

終息

エーベルトが、ドイツ軍国主義の支柱であった反動勢力と同盟したことが判然とすると、独立社会民主党は政府から離脱した。同党左派のスパルタクス団は、政府との対決姿勢を強め、1918年12月末共産党を結成し、翌年1月の選挙ボイコットを決定した。冒険主義者の活動は積極化した。一方、社会民主党のノスケは義勇軍(フライコール)の先頭に立ってベルリンに入った。19年1月15日、共産党の指導者カール・リープクネヒトとローザ・ルクセンブルクは彼らの手で殺害された。以後、ノスケの軍隊は各地でレーテを押しつぶし、ストライキを鎮圧した。3月、ベルリンのゼネストも義勇軍に抑圧された。5月、ミュンヘンのレーテ共和国は政府軍によって打倒されたが、これはレーテ運動にとどめを刺したといってよい。
 このような状況のなかで1919年1月19日国民議会選挙が行われた。比例代表制が採用され、20歳以上の男女有権者の90%弱が投票した。選挙の結果は、第一次世界大戦前の基本的な政党構造が変化していないことを示した。19年2月、ワイマールに国民議会が招集された。大統領にエーベルトが選出され、社会民主党、中央党、民主党による「ワイマール連合」政府が形成された。これら3党はマックス・フォン・バーデン政府の支柱であった。こうしてドイツ革命は、主要局面の幕を閉じる。[吉田輝夫]

革命の規定

ドイツ革命については、ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)では1950年代、プロレタリア的手段と方法でなされたブルジョア民主主義革命と規定された。ドイツ連邦共和国(旧西ドイツ)では1950年代、社会民主党にはプロレタリア独裁を志向する勢力との同盟による社会革命か、保守勢力との同盟による議会制共和国かの二者択一しかなかったとされ、エーベルトの保守勢力との同盟が弁護されたが、60年代以後レーテ運動が注目を集め、これと結び付くことで伝統的権力構造は民主化されたのではないか、と論じられた。レーテ運動については、1950年代の東欧諸国で労働者自治との関連で再検討され、60年代から70年代には西欧の新左翼が直接民主主義の可能性を模索するなかで、レーテ運動が改めて注目された。1980年代末から90年代にかけて、冷戦が終わり、ソ連・東欧の社会主義国の政権が崩壊すると、それまで研究を主導してきたマルクス主義の側でも、暗黙の前提とされたロシア革命を基準とする見方がくずれ、革命での女性の役割、大衆の意識の問題などにも視野が広げられ、自由な研究がみられるようになった。[吉田輝夫]
『A・ローゼンベルク著、足利末男訳『ヴァイマル共和国成立史』(1969・みすず書房) ▽野村修編『ドイツ革命』(1974・平凡社) ▽クララ・ツェトキン著、栗原佑訳『カールとローザ――ドイツ革命の断章』(1975・大月書店) ▽セバスティアーン・ハフナー著、山田義顕訳『裏切られたドイツ革命――ヒトラー前夜』(1989・平凡社) ▽林健太郎著『ドイツ革命史』(1990・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドイツ革命の言及

【ドイツ共産党】より

…18年12月,スパルタクスブントが独立社会民主党から分離すると,両者は12月31日合同してドイツ共産党を創設した。 ルクセンブルクら指導部はドイツ革命の長期的過程を想定していたが,党員の多くは当時の革命状況を過大評価し,国民議会選挙不参加を決定,19年前半の各地の蜂起に加わった。共産党は小勢力であったが,政府・ブルジョア層は革命の進展を阻止する観点から,あらゆる蜂起やゼネストをスパルタクスの名と結びつけ厳しく弾圧,19年1月にルクセンブルク,リープクネヒトが,3月にはヨギヘスLeo Jogiches(1867‐1919)が反革命軍に殺害され,党は有能な指導者を失った。…

※「ドイツ革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドイツ革命の関連キーワード小ドイツ主義ZDFドイツ帝国西ドイツ東ドイツドイツ鯉統一ドイツドイツ第二テレビドイツ放送連盟ドイツ帝国商法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドイツ革命の関連情報