コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本大和太夫 とみもと・やまとだゆう

朝日日本歴史人物事典の解説

富本大和太夫

生年:生没年不詳
江戸中期の富本節の太夫。初代富本豊前掾の高弟。師が没した明和1(1764)年から,師の子午之助が2代目豊前太夫を襲名する安永6(1777)年までの間,富本節を支えた人物。経歴については不明。7年の市村座が最後の劇場出勤記録。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

富本大和太夫の関連キーワード富本豊前太夫(2代)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android