コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田才治 とみた さいじ

2件 の用語解説(富田才治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田才治 とみた-さいじ

1724-1772 江戸時代中期の農民。
享保(きょうほう)9年生まれ。肥前松浦郡(まつらぐん)平原(ひらばる)村(佐賀県)の大庄屋。明和8年,年貢の増徴などに反対しておきた唐津(からつ)藩領虹(にじ)の松原一揆(いっき)の指導者。要求実現後,才治ら4人が自首し,明和9年3月11日首謀者として処刑された。49歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

富田才治

没年:安永1.3.11(1772.4.13)
生年:享保9(1724)
肥前唐津藩(佐賀県)平原組の大庄屋で,明和8(1771)年の虹の松原一揆の指導者。宝暦12(1762)年に入封した藩主水野氏は次々と年貢増徴策を実施し,これに反対する領民(1万~2万3000人)が明和8年7月20日に藩境の虹の松原へ結集する。庄屋が藩側と交渉する旨約束して屯集勢を帰村させ,8月9日に要求のほとんどを藩側に認めさせた。後日富田才治は半田村名頭麻生又兵衛らと共に自首し,西の浜の刑場で斬首されたと伝えられる。明治33(1900)年平原村中川谷の富田家旧屋敷地近くに顕彰碑が建てられる。<参考文献>『虹浜騒秘録』(『松浦叢書』2巻),『虹浜〓臭秘録』(『日本庶民生活史料集成』6巻),『唐津市史』,『相知町史』上,宮崎克則「明和8年の『虹の松原』一揆」(丸山雍成編『幕藩体制の新研究』)

(宮崎克則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田才治の関連キーワード水野忠鼎大島小太郎大野鏡湖小笠原長昌堀正礼堀政徳松平乗春水野忠光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone