コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富魚 とみよ

2件 の用語解説(富魚の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

とみよ【富魚】

トゲウオ目の淡水魚。全長約5センチメートル。体は紡錘形で側扁し、背びれに九本前後のとげがある。体は灰黄色で背は青黒く、体側に暗色横帯がある。水の澄んだ細流や池にすむ。水草などで巣をつくり、その中で産卵する。北日本と中国・朝鮮半島に分布。 → トゲウオ

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とみよ

トゲウオ科の淡水魚。水の澄んだ池などにすむ。全長約5センチ背びれに9、10本のとげがあり、体側に鱗板(りんばん)が並ぶ。体色は灰黄色で背部は青みを帯びる。春から夏にかけて、水草で球状の巣を作り産卵する。北海道・本州に分布。はりお。
[補説]「富魚」とも書く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone