寒川 鼠骨(読み)サムカワ ソコツ

20世紀日本人名事典の解説

寒川 鼠骨
サムカワ ソコツ

明治〜昭和期の俳人,写生文作家



生年
明治8年11月3日(1875年)

没年
昭和29(1954)年8月18日

出生地
愛媛県松山市三番町

本名
寒川 陽光

学歴〔年〕
三高中退

経歴
同郷の河東碧梧桐の紹介で正岡子規に師事し、句作する。明治29年大阪朝日に入社するが、のちに「日本」記者となり、子規と親しく接した。写生文にすぐれており「ふうちゃん」「新囚人」などの作品があり、写生文集「寒川鼠骨集」まとめられている。子規の死後、「日本」を退社し、「医学時報」「日本及日本人」の編集に携ったが、大正13年以後は子規の遺稿編纂に力を傾け、「子規全集」「分類俳句全集」「子規千秋」「子規画日記」などを刊行。晩年は根岸の子規庵に住み、戦災後は復興に尽した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

寒川 鼠骨 (さむかわ そこつ)

生年月日:1874年10月31日
明治時代-昭和時代の俳人;写生文作家
1954年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android